臨床実習88日目

個と組織
人は、一人では生きていけません。
一人では出来ないことが多くあります。
だから人は群を作り、役割とルールを決め、お互いに助け合いながら生きています。
組織って、人の体にも同じ表現をしますよね。
とすると、会社や病院、施設に所属するということは、そこの脳に従って物事を行っていかなければならないんですよね。
じゃぁ、細胞の一つである個が、脳に従わない行動をとると言うことはどんな意味を持っているのか、ということですよね。
さてさて、機能を果たすべく役割を持つのか、良性腫瘍のように居るだけで何もしないのか、悪性腫瘍のように本体を食いつぶすのか……
目指すなら、新しい機能を持った良性の新生物ってのも面白いかもしれませんね♪

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。