学生さんいらっしゃい♪

先日の月曜日から、臨床実習の学生さんが来ました。
流石に今日で二日目。
まだまだ緊張が解けてはいないようです。
ですが、来週から毎週一人ずつ僕が受け持つ学生さんが増えていきますからねぇ…
早い段階で緊張が解けるといいですね。
とは言っても、緊張か…
なるべく、悪い意味での緊張をさせない環境作りに努めてますが…
さて、それも如何なものでしょうね。
確かに、バイザーの心得としては、学生さんが伸び伸び実習できる環境設定を行う事は必須です。
ですが、最近、伸び伸び実習することと、放課後の教室の様な態度で実習することは全く違うんですけどねぇ…
ま、その辺は僕の指導不足って奴なんでしょうね。
最近はそんな状況を見つけ次第、その場で注意するようにしてますけど。
まぁ、兎に角、実習生はこれからまだまだ来ますからね。
僕も少しでも学生さんに何かを持って帰ってもらえるよう、頑張りますかね。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

2 件のコメント

  • 学生さんから得るものも多いですよね。だから私も学生さんにらっしゃ~いってな感じです。
    学生さんにとって実習は怖いものだったりします。私は、リラックスできる時間とそうでない時間を切り替えをしっかりすることでけじめをつけられるようにはしていますよ。今日もOTSの男の子とOT中は真剣に、お休み中はスポーツのお話をしていましたよ。

  • あやめさん、コメントありがとうございます。
    そうですね、メリハリは必要ですよね。
    僕はつい、冗談に真面目な話を混ぜ込んで話すので、きっと学生さんは困ってるんだろうなぁ~と…
    そんな事を思ってます。

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    CAPTCHA


    ABOUTこの記事をかいた人

    主宰 齋藤信

    作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。