臨床実習1日目

今日から、臨床実習の学生が8名やってきた。
午前中にオリエンテーション、午後はプログラムに参加。
時間外でフィードバック。
おおまかに話せばこんなところだ。
一応、学生を一通り見回したが、評価実習の時の様な甘さはないようだ。
返事をしっかりしてくる。
良いことだ。
今回、僕は学生さんに少し厳しく対応しようかと思っている。
色々なことを自ら考えてもらえる癖をつけて欲しい。
そう、思ったからだ。
今回の対応の結果は実習終了時にしかわかり得ないかもしれない。
楽しみにしておこうと思っている。
ちなみに、オリエンテーションの際、僕はこんな事を学生さんに伝えた。
①質問しなければ教えません。
②同じ説明は一切しません。
③情報収集は許可を出すまで禁止です。
この三つだが、なかなかに不親切だ。
さて、学生さんはこの縛りの中から、自ら考えることに気づいてくれるのだろうか……

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。