イメージ力ですよ。

さて、またまたお題をいただきました。
【実習生にお願いしたい「ここだけは・・・」!】
療法士としての基礎を学び、いざ実習へ。しかし実習生と言えども、やはり学生。
実際に臨床に出て働いている療法士と同じ事を求めるのは少し酷かもしれません。
ですが!「ココだけはしっかりして欲しい。」、「これだけは知っていて欲しい」という部分があるのではないでしょうか?「遅刻厳禁」や「元気なあいさつ」など、実習生としての必須項目を教えてください。まだまだ実習を控えている学生さんは是非参考にしてみてください。
とのことですが、他の皆さんと同じ事を書いていても何なんで、ちと変化球。
僕が学生さんにお願いしたいのは、「イメージしてほしい」ということです。
何のことやら、と思う方もいらっしゃるでしょうし、なるほどそうだよね、と思う方もいることでしょう。
そう、この「イメージ力」!
別に臨床現場をイメージして来いなんて無茶な要求をしているわけではないです。
ん~、諺で言えば「一を知って十を知る」――は違うか。
一を聞いて、二をイメージして欲しい、ってとこかしら。
最近、学生さんに指導をしていて、同僚さん達と話題になるのは、
「認知に問題があるのでは?」
ということです。
・入力しても、それが上書きされてしまい、先に話した内容が消えてしまう人。
・手順の話をしても、その結果訪れる像にピンとこない人。
・自分の行動の結果、発生する事に気付かない。
・自分の行動がどんな影響を患者さんに与えているか気付かない。
とかね。
なんだろう。
いったい何が原因なんだろう?
受身に過ぎる学生さん達ばかりですしねぇ。
ちょっと検索しただけで、そのうわべだけを見てレポートに載せてきたり。
レクの企画やプログラムを誰かのレポートからコピペしてきて、こっぴどく指導されてみたり。
本気で作業療法士になりたいのかを疑いたくなる事もしばしば。
ちょっと考えればイメージできそうな事も、「この程度でいいや」と諦めてしまうのですかねぇ。
表面的なテクニックばかりを収集してるから、理念や理論を理解できずに、応用のきかない点の技術に終始するのでしょうね。
点を線に。
線を面に。
面を立体に。
みたいな。
Powerd by 療法士.com

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。