患者さんへのリハビリ中、説教を始めるバイザー【こんな臨床実習はイヤだ!】(01)

From:主催 臨床実習アドバイザー 齋藤 信

みなさん、こんにちは。

IAIR唯一の臨床実習アドバイザー齋藤信です。

またまた、齋藤始めちゃいました。

新コラムシリーズ(全14回予定)!

「こんな臨床実習はイヤだ!」

 

 

実は僕自身について色々と考えていました。

  • 僕が今まで一番時間をかけて、何をしてきたんだろう。
  • 多くの療法士さんに何で感謝されてきたのだろう。
  • そして、僕が何をしている時が嬉しいのだろう。

と……

 

そう、全て「臨床実習指導」に集中してきているんです。

そこで、思いました。

  • 今まで伝えてきたことだけで、十分なのか?
  • まだまだできることがあるんじゃないのか?
  • 僕が行動しないことで、困ったままの学生さんが取り残されてしまうんじゃないのか?

 

やってみよう!

知りたい人に、もっと伝えていこう!

改めて、
臨床実習指導のアドバイズをしていこうと
決意しました!

 

と、いうことで!

まずはコラムから再開です!

 

こんな臨床実習はイヤだ! 第一回!

「患者さんへのリハビリ中、説教を始めるバイザー」

まあ、一言で言えば……

アホですね。

何を考えているんですかねえ。

患者さんが見てるじゃないですか!

 

患者さんはお客様ですよ。

患者ではなくクライアント(顧客)って言い換えている病院さんならなおさらですよね。

 

であるにもかかわらず、患者さんのリハビリをしている学生さんに説教を始める?

 

アホでしょ!

 

場を変える、時間を変えるなど、ちょっとした配慮ができますよね。

患者さんの前でしなければならない理由はあったんでしょうか?

ないですよね?

 

強いて理由をいうなら「バイザーが患者さんの前で学生に説教をしたかった」だけです。

 

ね、全くと言っていいほど、価値もなければ、目的もない理由ですね。

もし、臨床実習指導中、場を考えずに学生に説教を始めてしまったのなら、あなたの臨床実習指導は危険信号。

 

臨床実習最大の目的は、学生さんが療法士になることです。

 

長期実習で初めて一人の患者さんの人生に長く関わるんです。

デイリーやレポートを書きながら、ロジカルな思考を磨くんです。

療法士以外の職種の人と関わり、社会人として初めて行動することになるんです。

 

繰り返しますが、臨床実習最大の目的は、学生さんが療法士になることなんです。

その目的から外れているなら、本気で見直してください。

学生さんを泣かして喜んでちゃイカンですよ!

エンタメプレゼン齋藤
臨床実習アドバイザー 齋藤 信

 

追伸

実はある計画が進行中!

5月2、3、4日(月火水)のOT合宿にて詳細を公開します!

お楽しみに!

>>> 合宿の詳細・申し込みはコチラ <<<

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。