臨床実習が合格できる魔法の薬はない。そんな特殊解はいらない!

From:IAIR-GM 齋藤 信

 

僕はこれまで、
沢山の本を読みあさり、
一見胡散臭い内容のものも実行し、
試行錯誤を繰り返してきた。

その結果分かった事がたった一つある。

『特殊解は期待しない』

ということ。

世の中で成功している、
再現性の高い方法というものは、
とても地味で、華やかさの欠片も無いものが
ほとんどだ。

だが、そこに至るまで、
誰かが華やかに成功した姿を追い求め、
それを自分でも出来ると勘違いし、
結局、その時は何も得られなかった。

繰り返し、一喜一憂するなか、
ようやく気づいたのが、
地道な努力。

『一般解』

これほど華やかさの欠片もなく、
しかし誰でも確実に結果が出せるものはない。

おそらく、この話をしても、
学生さんや若手達には理解してもらえないだろう。

何と言っても、『特殊解=魔法の薬』は
華やかさがある。
ドラマがある。
見ていてウキウキ、ワクワクしてくる。

だが、特殊解は、あくまで『特殊』なケース。
再現性はほとんど無い。

だから、僕は彼らに無駄足をしてほしくない。
彼らの患者さんは待ってはくれないのだから。

地道な努力は、今すぐ始めて、
一年後にじわじわ実感できてくる類のものなのだ。

繰り返し言っておく。

患者さんは待ってくれない。

後で患者さんに申し訳ないと
罪悪感を抱く事になるなら、
今から地味な事を一つでも始めよう。

 

主宰 齋藤信

臨床実習アドバイザー™
齋藤 信

 

追伸

実は、マインドマップは魔法の薬に見えます。
ですが、誰も知らないだけで、脳の記憶のメカニズムに合致した、人間にとっては、一般解=普段気づかずに行っている脳の使い方をノートで再現する唯一のテクニックです。

すぐに学べるマインドマップは、こちら >>> サイトーゼミ

 

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。