【こんな臨床実習はイヤだ!】こいつ、何も出来ないですから(10)

From:臨床実習アドバイザー 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。

臨床実習アドバイザー齋藤信です。

 

受講申し込みをしてくださっている皆さん、ありがとう。

みなさんの悩みの解決に、ガッチリ協力させていただきます!

8月6日を楽しみにしていてくださいね。

 

 

さてさて、では本題です。

新コラムシリーズ(全14回)!

「こんな臨床実習はイヤだ!」

僕や、臨床実習アドバイザーの面々が直接みたり、体験したり、学生さんから聞き出した実在する変なバイザーたち。

なぜ、そんな脳の機能と真逆なアプローチで臨床実習指導をしようとしているのか?

そんな謎を紐解いていくコラム。

 

今日の変なバイザーの行動です。

こんな臨床実習はイヤだ! 第十回!

「引き継ぎはたった一言。こいつ、何も出来ませんから!」

 

 

僕ら療法士は不定期勤務。

特に最近は365日毎日リハビリをしている施設も増え、休み無し、ノンストップ営業が当たり前になりましたね。

 

そう、学生さんは土日が休みでも、バイザーは不定期に休みが入ります。

そうすれば、自然とフィードバックを同僚に依頼することになるかと思います。

さあ、そこで依頼された療法士に、何と引き継ぎをするのでしょう?

 

まさか、こんな一言で終わらせていませんよね?

 

「あ、こいつ、何も出来ない奴なんで、気合入れてやってください」

 

はァ?(怒)

 

何を寝ぼけた事を言ってるの??
じゃあ、この数週間、一体何を教えてきたのよ!
いやいや、それ以前に、その一言で引き継ぎが終わりですか?
出来ない、出来ないって言うけど、何が出来ないの?
出来ていないだけじゃないの?
「出来ていない」と「出来ない」の間には、天地のひらきがあるでしょ!
現状を教えなさいよ。
それに、引き合わせとかしないわけ?
初日の自己紹介以来、日常業務で対応する事があっても、その学生さんとゆっくり話をした事がないけど?
じゃあ、紙に書いておくから明日見てね、って……引き合わせた方が早いでしょ!
今、私学生さんを持ってないから、今日のフィードバックを2人でして、明日もよろしく~の方がスムーズでしょうが!

 

 

なんともまあ、ビミョーな人ですね。

臨床でも同じようなビミョーな対応で、あなたやあなたの周囲の人達が「患者さんに迷惑かけられないから」とか思って、フォローしちゃってるのでは?

 

僕は、臨床実習指導はリハビリの縮図だと思っています。

臨床実習指導がその人のリハビリに対する姿勢そのものを表しています。

この人の場合、臨床実習指導で学生さんに良くなってもらおうとか、考えを深めてもらおうとか、この実習が終わった後で後悔して欲しくないとか思っているのでしょうか?

同時に、リハビリで患者さんに良くなってもらいたいとか、自分自身の身体の事を知ってもらいたいとか、この先の人生のなかで、長く使っていく生活機能や能力を手に入れずして退院して欲しくない、とか思ってないのでは???

 

 

それ、バレてますよ。

学生さんが成果を出せなくても知らんぷりしている。

患者さんに対しての言葉と裏腹な行動……

もしかして、学生さんが成果を出せない理由って、あなたのことを尊敬していないからじゃないの?

 

 

ということで、今日の変なバイザーは、「成果を出せないバイザー」でした。

ちょっとでも心当たりのある方は、気をつけてくださいね!

 

全ては、学生さんが次世代を担う療法士に成長するため!

そのためにも、今バイザーをしている僕らの世代が変わらなきゃ!

臨床実習は面倒な時間じゃない。

学生さんの未来を作る、奇跡の時間なんです!

そのためにも、僕は走り続けます。

みなさん、一緒に臨床実習を最高の学び場にしてきましょう!

IMG_0031
臨床実習アドバイザー(TM) 齋藤 信

追伸

8月6日、臨床実習指導法のエッセンスをギュギュッ!とお伝えする6時間。

「30分で伝わる高速フィードバック術」

~臨床実習アドバイザー入門講座~

日 時 :8月6日(土)10時~16時
受講料 :7,900円+税(返金保証付き)
講 師 :齋藤信 他、臨床実習アドバイザー認定講師
対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、その教員や学生
場 所 :東京メディカルスポーツ専門学校
返金保証:講義の内容に不満がある場合は無条件で全額返金いたします。
講義後に事務局までご連絡下さい。

詳 細 :http://otjyuku.net/post_lp/speedfb/
申 込 :https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UhHSbGlIRnM

 

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。