【こんな臨床実習はイヤだ!】喧嘩上等!俺のやり方に文句言うな!(11)

From:臨床実習アドバイザー 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。

臨床実習アドバイザー齋藤信です。

実は、先日マインドマップを学んだ先生から感想が届きました。

 

=================================

先週まで実施していた臨床実習の実習地訪問で、
マインドマップが活躍しました。
訪問後も学生の思考の方向修正、SVの指導、
双方のコミュニケーションに役立ったようです。
マインドマップ、学んでよかった。

=================================

 

嬉しいですね。

実は8月6日に行う高速フィードバック術でも、マインドマップの使い方を学習します。

特にフィードバックでどう活用するのかをお見せし、その場ですぐ活用できるようになっていただきます。

お楽しみに!

 

詳しくはコチラ >>> http://otjyuku.net/post_lp/speedfb/

 

 

さてさて、では本題です。

新コラムシリーズ(全14回)!

こんな臨床実習はイヤだ!

僕や、臨床実習アドバイザーの面々が直接みたり、体験したり、学生さんから聞き出した実在する変なバイザーたち。

なぜ、そんな脳の機能と真逆なアプローチで臨床実習指導をしようとしているのか?

そんな謎を紐解いていくコラム。

今日の変なバイザーの行動です。

こんな臨床実習はイヤだ! 第十一回!

喧嘩上等!教員と真っ向勝負!

 

あらら……?

なんで喧嘩するんでしょう?

僕にはいまいち理解できないのですが、

何が原因で始めるのですか?

 

教員の先生にきいたところによれば、

「いや、ウチのやり方でやりますので!」

と言って、全く譲らないそうです。

 

学生さんの事は無視ですか?

 

まあ、ね。

信念を持って臨床実習教育をしてくれているならいいですけど、

どうもそうじゃなさそうです。

「なんで◯◯を教えてないの?」

「ウチは◯◯理論でやっているから、他は教えません」

「忙しいなかやってやってるんだから、もっといい学生を回してよね」

 

 

オイオイオイ。

 

 

いいのか、それで?

確かに臨床実習地を確保するために、学校の先生は毎年四苦八苦。

実習地を選べない現状があるようです。

若い療法士達が実習指導に後ろ向きで、なかなか受けてくれない、なんて声もありました。

忙しいのもわかりますが、学生時代に偉そうにされて、自分に自信を失ったまま臨床に出る。

資格はあれど、結果が出ているかわからないし、説明も自信がない。

そんな若手になってしまいますよね。

 

 

でも、だからこそ、教員の先生と密に連絡を取り合い、

その学生さんに合った実習指導を模索しましょうよ。

 

 

今日、冒頭で紹介した感想は、

まさにそれを効果的に解決した良い事例報告です。

マインドマップを活用したのですが、

マインドマップには、学生さんとバイザー間の情報の違いを

対比させ、一目でわかる形式にしているんです。

だからこそ、学生さんは次に何をしなければならないのかがわかるし、

バイザーは学生さんが何に悩んでいるのかを把握できます。

また、一つの情報に対するお互いの認識の違いなども明確化されるので、

より相互理解が深まるんです。

そして、そのやり方はバイザーと教員間でも同じ効果を発揮します。

 

 

臨床から離れているから、とバイザーに対して引け目を感じる事はありません。

教員は、いわば教育というリハビリを学生に行っている指導のプロです。

バイザーもそこを認め、学生さんの潜在能力を引き出す目的に向かって行動しましょうね。

 

 

ということで、今日の変なバイザーは、「喧嘩上等譲らないバイザー」でした。

ちょっとでも心当たりのある方は、気をつけてくださいね!

 

全ては、学生さんが次世代を担う療法士に成長するため!

そのためにも、今バイザーをしている僕らの世代が変わらなきゃ!

臨床実習は面倒な時間じゃない。

学生さんの未来を作る、奇跡の時間なんです!

そのためにも、僕は走り続けます。

みなさん、一緒に臨床実習を最高の学び場にしてきましょう!

IMG_0133
臨床実習アドバイザー(TM) 齋藤 信

追伸

8月6日、臨床実習指導法のエッセンスをギュギュッ!とお伝えする6時間。

「30分で伝わる高速フィードバック術」

~臨床実習アドバイザー入門講座~

日 時 :8月6日(土)10時~16時
受講料 :7,900円+税(返金保証付き)
講 師 :齋藤信 他、臨床実習アドバイザー認定講師
対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、その教員や学生
場 所 :東京メディカルスポーツ専門学校
返金保証:講義の内容に不満がある場合は無条件で全額返金いたします。
講義後に事務局までご連絡下さい。

詳 細 :http://otjyuku.net/post_lp/speedfb/
申 込 :https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UhHSbGlIRnM

 

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。