【こんな臨床実習はイヤだ!】君が泣くまでフィードバックをやめない!(13)

 

From:臨床実習アドバイザー 齋藤 信

 

みなさん、こんにちは。

臨床実習アドバイザー齋藤信です。

 

先週に引き続き、今回も「臨床実習」がテーマの内容。

これまでの12日間、長々とお付き合いいただいていますが、残すところあと2回。

明日配信でひと段落。

 

ですが、変なバイザーの話をしたところで、そんな輩が減るわけではありません

しかも、変だ!と思ってくれた方が増えても、すぐにどうにかできることではありません

でも、それでも、僕は言い続けます。

「臨床実習こそ、最高の学び場である」

 

おそらく、最低5年。

10年はかかるでしょう。

2020年。東京オリンピックがあります。

世界中が日本に注目するなか、日本の療法士教育が世界一のクオリティだと胸を張って言いたいじゃないですか。

 

バイザーの個人的な二次感情のはけ口に学生さんを使ってどうするんですか!

そんな小さなことで、あなただけではなく、あなたの後に続く、将来を担う日本の療法士の顔に泥を塗るんですか?

 

だから、いつまでたっても「バイザー」なんです。

いいかげん、僕にあなたを「スーパーバイザー」と呼ばせてください。

そして、ともに臨床実習を変える志ある仲間に成っていただきたいと、切に願っております。

 

では改めまして……

新コラムシリーズ(全14回)!

「こんな臨床実習はイヤだ!」

僕や、臨床実習アドバイザーの面々が直接みたり、体験したり、学生さんから聞き出した実在する変なバイザーたち。

なぜ、そんな脳の機能と真逆なアプローチで臨床実習指導をしようとしているのか?

そんな謎を紐解いていくコラム。

 

今日の変なバイザーの行動です。

こんな臨床実習はイヤだ! 第十三回!

「君が泣くまで、フィードバックをやめない」

 

僕が紹介する最後の変なバイザー。

なんと、毎日のように学生さん泣かせているそうです。

勿論、フィードバックの素晴らしさに、感嘆からの驚嘆、感動のあまり涙無くしては学びにならない程……なわけないか。

 

 

そう、学生さんを泣かす奴。

僕もプレッシャーをかけすぎて泣かせたクチですが、だからこそ言えます。

 

どうせ泣かすなら、感動で泣かせなさいよ。

 

辛くて、苦しくて、もがいてもがいて、それでもどうにもならず、自分の不甲斐なさに泣くんです。

 

毎回、できない奴のレッテルを貼って、泣かせて仕方なくフィードバックが終わる?

それは、間違ってます。

 

出来ない奴が悪い?

違います。

 

できるように導くのが、リハビリセラピストの仕事です。

 

それが、患者さんか学生さんか、新人さんかの違いです。

 

療法士の資格を持っているからって、患者さんとは別?

違いますよ。

 

少なくとも、人生経験が少ない分、患者さんよりも弱いんです。

 

バイザーさん。勘違いするなよ。

バイザーが学生さんを成長させられないなら、価値はない!

 

言い切るのかって?

言い切ります。

僕も臨床実習指導で沢山試行錯誤をしてきたからこそ、言えます。

学生さんの全てを否定して終わるのなら、学生さんの記憶に残るのは辛い記憶だけ。

以前、楽しいことほど脳は覚えやすいと言いましたが、最後の記憶も強烈に残ります

 

だからこそ、泣かして終わらせちゃイケナイんです。

 

 

よく「サンドイッチで叱れ」などと言いますが、まさにその通りなんです。

フィードバックするなら、良い客観的事実→良くない客観的事実→良い行動化の指導の順番です。

最初の小さな第一歩を伝え、それが翌日できることが大切なんです。

 

いつまでも、学生さんを泣かしてちゃダメです!

 

先ほど、二次感情って言いましたが、もしかして……

泣かせるまでフィードバックするバイザーは、先輩に泣かされてきたのかな?

その不満や悲しみをぶつけたいが為に、学生さんを怒っているんでしょうか??

だとしたら、完全にネガティブなスパイラル

「悪循環」です。

 

もう、このへんで、悪い教育のネガティブスパイラルを断ち切りましょう!

 

 

ということで、今日の変なバイザーは、「復讐バイザー」でした。

ちょっとでも心当たりのある方は、気をつけてくださいね!

 

全ては、学生さんが次世代を担う療法士に成長するため!

そのためにも、今バイザーをしている僕らの世代が変わらなきゃ!

臨床実習は面倒な時間じゃない。

学生さんの未来を作る、奇跡の時間なんです!

そのためにも、僕は走り続けます。

みなさん、一緒に臨床実習を最高の学び場にしてきましょう!

11030271_899411006790639_3511538788419948483_n
臨床実習アドバイザー(TM) 齋藤 信

 

追伸

『志すことは必ず行わなければならない。行わざる志は空砲である。無駄花である』

こんな言葉を渋沢栄一氏が残しています。

あなたの今の気持ちを無駄にしないでください。

8月6日、臨床実習指導法のエッセンスをギュギュッ!とお伝えする6時間。

30分で伝わる高速フィードバック術

臨床実習アドバイザー入門講座

日 時 :8月6日(土)10時~16時
受講料 :7,900円+税(返金保証付き)
講 師 :齋藤信 他、臨床実習アドバイザー認定講師
対 象 :理学療法士、作業療法士、言語聴覚士、その教員や学生
場 所 :東京メディカルスポーツ専門学校
返金保証:講義の内容に不満がある場合は無条件で全額返金いたします。
講義後に事務局までご連絡下さい。

詳 細 :http://otjyuku.net/post_lp/speedfb/
申 込 :https://1lejend.com/stepmail/kd.php?no=UhHSbGlIRnM

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。