医療における標準化【医療の標準化】

【医療の標準化】
医療における標準化が急速に進みつつある。
標準化の第一は、用語および診断と治療の方法である。
最も基本的な標準は病名であり、ICD(International Classification of Diseases:国際疾病分類)がある。
疾病統計を目的に開発されたICDが改訂を経て、臨床病名として利用された。
また、ICDに基づいた経営の道具としてDRG(Disease Related Groups:診断群分類)がある。
米国で経営指標として開発されたが、包括化診療報酬支払制度DRG/PPS(Prospective Payment System)として諸外国で導入されている。
わが国では、DPC(Diagnosis Procedure Combination)が特定機能病院と有志の急性期病院で診療報酬支払いに実施されている。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。