病院早わかり読本 第3版

病院早わかり読本 第3版という本があります。
僕が実習指導をする際に紹介する本です。
新人教育や、指導者が病院と言う組織を理解し、後についてくる人に道を示すために非常に良い本です。
なにより、品質管理の考え方がとても分かり易く書かれています。
それに、仕事をする事、医療に従事する事。
社会人としての専門職という事を教えてくれます。
学生さんだけではなく、医療に携わる全ての人が、この本を読み、理解し、行動する事が出来れば、自分が所属する組織がより良いものになると思います。
まぁ、まずは図書館や学校の図書室を探してみてはいかがでしょう?
病院早わかり読本 第3版、読んでおかなければ、激変する医療業界に取り残されますよ♪

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。