雪が溶けると何になる?

OT系のコミュニティを見ていたら、面白い話しがあったので少し書いてみようかと…
質問です。
「雪が溶けると何になる?」
さぁ、この回答は何でしょうか?
質問の答えがPT(理学療法士)は「水になる」で、OT(作業療法士)が「春になる」だそうです。
「文明を追求するPT,文化を伝えるOT」

この言葉が本当に全てを表しているように思いました。
作業療法って、そういった形作る事が難しいものを根っこに持っていて、しかも何でもできるだけに個人の思いや色が出てくるもの…
個別性を考えてしまいますね。
自分自身の明確な思いがないと、迷ってしまう業界でもあるんだなぁ…と…
哲学の無いリハビリにならないよう、僕自身の思いも明確にしておく必要がありそうです。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。