リハビリってなんだろう。

最近、作業療法だけではなく、リハビリということそのものがいったい何なのだろうと思うことがある。
友人のブログでも話題にされていたが、『このままでいいのか?』という疑念や憤り、不甲斐無さ、そういったモノを感じずにはいられない。
今、政策誘導型の診療報酬改定が重ねられ、リハビリ以外に『自立支援』という都合のよい言葉が出てきた。
実際に自立できるのか?
確かにそのための支援をおこなう、その担い手が我々だ。
だが、長年病院生活を余儀なくされてきた人たちに、病院を出て生活するための技能がすぐに受け入れられない現状もある。
なかなか難しいことだ。
では、時間をかけてやればいいのか?
確かに時間をかければできるかもしれない。
その間に病院が倒産しなければ、だが……
先見の明がある病院は、こういった話題とは無縁なのかもしれない。
今求められていることが、数年先にどう言った姿になることを見据えているのか……
よくよく考えるべきだろう。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。