もしドラを半分読んで……

本当に性に合わない
何が合わないって、流行っているから手をだすという行為が、だね。
ハッキリ言おう。
ゴシックじゃない。
常々生き様をゴシックでいようとする僕にとっては、流行に左右されると云うものを何より嫌う。
だが、それはあくまで僕の感情の賜物であって、こと仕事と云う視点では優先されるものではない。
自分のしたい事と、しなければならない事とでは、天と地の開きがある。
何を話しているんだとお思いの事だろう。
そう、先に書いた「もしドラ」だ。
何ともはや、なかなかに読み進まない。
何故なら、ドラッカーの言葉の部分を何度も読み返してしまうからだ。
先にエッセンシャル版をナナメ読みしていたせいでもあるが、ドラッカーの言葉が染み込むように物語られている。
なる程、こんな描き方があるのだな。
異端児、天邪鬼おおいに結構!
そう、思っていたが、たまには流行りにも手を出してみるもんだ。
少なくとも、硬直しがちな脳みそを柔らかくしてくれるし、逆に自分の信念のようなものを再認識させてくれる。
さてさて、読破した後、僕は何に気付くのだろう。
それが今は楽しみだ……

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。