役にたつかではなく、役にたてなければならない。

 

FROM:どM貴公子サイトー
 
 
アナタはテクニックを学んだ直後に、二つの選択肢に迫られます。
 
それは、『諦める』か『使い続ける』かです。
 
実のところ、セミナー講師をしている僕たちのほとんどは、業界が変わる程のスーパーテクニックを教えているわけではないんです。
 
どのテクニックも、覚えるには簡単ですが、
 
その効果がハッキリと現れるまでには、一定の時間がかかります。
 
その時間のなかで何をしているのかと言えば、
 
『熟練』と『継続努力』です。
 
 
せっかく、高いお金を払い、学んでみても、
 
『ウチの職場じゃ使えないや』
 
と言って、やらなくなっていませんか?
 
 
一二度使って、役に立たないと決めつけていませんか?
 
この問の回答……というか、原因は自分自身にあることがほとんどです。
 
 
役に立つかで悩むのではなく、役に立てる為にこそ、悩み、時間を使ってみてはいかがでしょう?
 
 
◆一定の練習は必要ですが、効果的なテクニックのワークショップを行います。
 
『初めの3年間が勝負!職場でダントツトップになれた仕事術 in 大阪』
■日時:2012年8月26日(日)9:30-16:30
■参加費:9,000円(事前振込み)
■定員:40名
■場所:ドーンセンター 4F  大会議室3
■講師:JIR協会マネジメント講師 齋藤マコト
 
 
『精神科作業療法士が身体領域で確実に結果を出せる治療アプローチ』
■日時:2012年9月2日(日)10:00-16:00
■参加費:12,800円(事前振込み)
■定員:40名 (精神科作業療法士のみ)
■場所:東京 八王子
■講師:JIR協会認定インストラクター 齋藤マコト
 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。