潜在的なタイムロス対策

 

FROM:どM貴公子齋藤信
 
さ、さささささ……寒いッ!
 
相変わらず、東京の寒さには慣れないです。
 
東北出身者でも、東京の寒さは堪えます。
 
寒さの質が違うんでしょうね~
 
 
それはさておき、仕事の質を変えるために大切な事は何かご存知ですか?
 
13秒でお答えください。
 
13
12
11
10
9
8
7
6
5
4
3
2
1
はい、終了~!
 
答えは『時間』です。
 
 
実は今、仕事をしてもらいました。
 
 
13秒という短い時間ですが、集中して何らかの回答を出しましたよね。
 
そこで出た回答と、制限時間を1分、1時間、1日、1週間にしたときの回答は、ほぼ変わりません。
 
仕事には物理的に可能な範囲で最短の時間を設定して行えば、その時間内に済みます。
 
仕事をダラダラやることほど、タイムロスはありません。
 
仕事は最短の締め切りを設定して行いましょう!
 
 
JIR協会マネジメント講師
齋藤信
 
 
追伸  1
実は期限のない仕事は未だに放置中。ま、それだけ重要ではない案件なんですけどね。やれば10分で終わるのに、締め切りが12/8なんですもの。

 
追伸 2
重要な仕事無駄な仕事を一瞬で見分ける方法を教えます!
追伸 3
ノロウイルスも来ましたが、インフルエンザの時期でもありますね。
スタンダードプリコーションを徹底するべし!
特に国家試験受験生の皆さん!
 
 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。