『モチベーションが上がらなくてもまず5分やる』を実践してみた。

 

FROM:どM貴公子齋藤信
 
 
みなさん、Doしてますか?
 
これは、僕が学生時代に教官から言われた言葉です。
 
この『Doする』って、変な言葉ですね。
 
意味は最後でお話しするとしましょう。
 
 
今日の話題は、有言実行です。
 
以前、受講生さんに『モチベーションが上がらない時にどうしているんですか?』と質問された事があります。
 
その時僕は、『とにかく、やるだけです!』とか言ってしまったんですね。
 
直接お話したので、『なるほど、やれるかも!』とその時は思ってくれたみたいなのですが、セミナー後少しするとモチベーションが上がらないまま、仕事を先送りにしてしまったそうです。
 
 
ムムム!
 
 
これではマズいですね。
 
なので、伝え方を変える事にしました。
 
方法は三つ程あるのですが、一番簡単で、すぐに誰でも実行できるやり方を紹介しちゃいます。
 
 
それは、『まず5分間だけやってみる』です。
 
 
実はどんなに嫌な仕事でも、5分間だけやってみると、次第に作業に集中しはじめその先も集中力が持続するんですね。
 
 
実際に、僕自身も試してみました。
 
 
先日の事です。
その日中に仕上げなければならない仕事がありながらも、
どうにもやる気になれない!
始めてしまえばすぐに終わると思うのに、どうにもやりたくない。
さて、困ったぞ、と。
そんな事をボヤボヤ考えていたんですね。
終いには、『自分が燃えない仕事に時間を使ってやるもんか!』とか思ってしまいました。
ですが、そうは言っても(実際口に出して文句を言いましたが)やらねばならない!
そこで思い出したのが、『まず5分テク』!
いっちょ、やってみっか!
はい。
見事にハマりましたね。
5分後には作業脳になっており、テキパキと仕事が進み始め、2~3日売っちゃってた仕事が35分で終わったんですね。
『使える!』
となったワケです。
 
 
脳科学的な理由はあるのでしょうが、別にそんなトリビアはこの際必要ないでしょう。
 
こうやって、結果が出ているワケですからね。
 
結果を大切にするのは、IRA研究会テイスト!
 
 
使える道具は使い倒しましょう!
 
 
みなさんも、試してみてくださいね。
 
 
JIR協会 マネジメント講師 齋藤信
 
 
 
 
追伸 1
実は、バッタバタで更新が遅くなってしまいました。
この記事、昨日の朝に書いたものだったりします。
 
 
追伸 2
次回のセルフマネジメントセミナーの開催を3月末日にします!
連日開催で、マネジメントテクニック・ワークショップもただいま検討中!
乞うご期待です!
【自分の使える時間が増える!自己管理メソッド1日マスター講座】

http://ameblo.jp/otjyuku/entry-11394309783.html

 
 
追伸 3
今でこそ教員、学校の先生ですが、当時は教官でした。
時代ですな。
 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。