THE・忙・殺・!

 

FROM:どM貴公子齋藤信
 
皆さん、おはようございます。
 
僕が管理職として心に決めているルールがあります。
 
 
それは『忙しい』という言葉を使わないことです。
 
 
きっかけは、数年前に管理職になった頃、他部署の管理職を見ていて、
 
『なんでもっと上手に仕事をしないかな~』
 
とか、
 
忙しいと言う度に格好悪さを自ら宣伝し、部下の白い目が突き刺さっているのを見て、
 
『格好悪い』
 
と単純に思ったからです。
 
 
実際、管理職で忙しいと騒ぎ立てているひと程、しょうもない事で時間を費やし、本当にするべき仕事を後回しにしている事で、空回りしているのを見てきました。
 
 
いいオッサンが……いえいえ、僕より遥かに経験を重ねたベテランさんが、顔を合わせる度に『忙しい』ですもの。
 
 
しかも、言い訳のように『患者さんに対応しなきゃならないから……』と繰り返し、必要な仕事をやらない事を貫いてました。
 
 
引き合いに出された患者さんに失礼ですよね。
 
 
なので、そんなマインドに陥りたくないので、『忙しい時ほど忙しいと言わない』ようにしました。
 
 
そうなれば、部下や同僚に仕事を振るにしても、みんな大好きエビデンスでもって依頼できますからね。
 
 
おかげでかどうか、ウチの部署はいつの間にか
 
『根拠のより強い奴が勝つ!?』
 
チームになっちゃいましたけどね。
 
 
はい、では、まとめです。
 
1)忙しいを乱発する上司は、実は忙しくない。
 
2)『患者さんの為』を言い訳に使わない。
 
3)忙しくするのは自分自身。仕事を組み立てなおす。
 
 
ってな感じで、忙殺されることを予防してみましょう!
 
 
 
JIR協会 東京支部長
JIR協会 マネジメント講師
作業療法塾 塾長
どM貴公子 齋藤信
 
 
 
追伸 1
 ちなみに、僕は仕事で極力楽をしたいので、効率的かつ合理的な仕事の仕方を考えながらルーチンワークをします。今の手順が現状ベターなだけで、時間とともにベストではないものになるからです。
 
 
追伸 2
 効率的かつ合理的に仕事をコントロールするために必要なスキルが何か知ってますか?
 知ってるはずのそのテクニック、使いこなし方を知りたい人はこのセミナーを受講してください。
ダントツトップのガチな仕事術。
『自己管理メソッド1日マスター講座』

http://ameblo.jp/otjyuku/theme-10045036893.html

 
 
追伸 3
 上記セミナーには注意点があります。
 このテクニックを使用しても、現在僕の妻をコントロールできていません(苦笑)
 仕事のようにはいきませんなぁ。
 
 
追伸 4
 最近、毎朝レッドブルをホットで飲んでます。
 オフィス中がレッドブルの香りがたってしまいますね。
 
 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。