学生さんから感想が届きました!

学生の声
学生 Uさん
この本のサブタイトルは「睡眠時間を一時間増やす方法」であるが、私としては「睡眠時間が短くても(実習が充実することで)気にならなく方法」であると思った。
人は「誰かを守りたい時に勇敢になり、自分を守る時に臆病になる。」というが、実習を無難に乗り越えようとするだけでは苦痛以外の何物でもなくなる。バイザーとの相性とか、雑用ばかりさせられるとか、そういう事に不満を感じる視野の狭さを突き抜けて、具体的目標を持ちつつ実習に立ち向かう心構えを、この本は熱く伝えていると思う。

本の紹介はコチラ→作業療法学生の虎の巻

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。