学生 S.Uさん

no_photo実習中にこの本を読んでバイザーがどのような事を考えて評価しているのかが理解でき、とてもよかったです。最初読んだときに「デイリーが○○?」と驚きました。私自身実習前に思っていたのですが、デイリーは質より量であると感じました。しかし本を読んでいるうちに量をどのくらい書いても○○○がぼやけてしまえば、バイザーの中でも自分の中にも残らないものであるという事を知る事ができとてもよかったです。また文の書きかたも面白く、つまらない教科書とは違いすごく読みやすかったです。次の実習前に文章作成の練習を行ったり、実習前に再度この本を読んで睡眠時間を1時間(1時間といわず増やせるだけ)増やしたいと思います。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。