学生 Uさん

no_photo早速読ませていただきました。確かにこのような内容の本はありませんよね。大変読みやすく、最後まで一気に読んでしまいました。齋藤さんの人柄か、内容は大変親しみやすく感じました。自分が実習の時はどうだったかな、などと振り返って反省する点も多かったです。新卒と社会人経験者の比較など、「そうだよな~」などとつぶやいてしまいました。多くの学生と接していたからこその視点には、私も自分のことを指摘されているようでどきりとした部分も多かったです。次回の私の実習は身障領域ですが、参考になりました。巻末に書いてあったフィードバック、ぜひ私もうけたいと思います(特に実習中(涙))ので、ぜひよろしくお願いいたします。

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。