作業療法士学生 Kさん から感想をいただきました。

no_photo作業療法士学生 Kさん
新宿にある新設校に通っているので、現在の最上級生がまだ3年生という状況です。実習についての経験がある先輩もいなければ、先生方も手探りの状態にあるので、どうしても実習について必要以上にビビらされている節がある訳で‥‥ 暗闇の中を進むがごとく、生徒一同不安を抱えておりました。
どうにか切り抜けるしかないという気持ちで臨みましたが、見学実習を終え、虎斗町先生の著書を読んだあと、自分の中で何かが息を吹き返したような気がしました。実習についての意識が変わりました。習ったことを試され、無料でこき使われにいくんだというネガティブな意識が変わり、現場の風を感じ、吸収し、しまいこんだ点と点を結びにいくんだと思えるようになりました。
これから私の学校内の実習を恐れる空気を少し変えていける気がしました。そして後輩には何を学びにいくのかを教えられる気がしました。 今回の経験と、虎斗町先生のお力を借りて‥‥
これから実習を向かえる方、既に卒業している方にとってももう一度大事な事を思い出せる、大切な一冊となるでしょう。

本の紹介はコチラ→作業療法学生の虎の巻

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。