第275回 大切にするべきこと

大切にするべきこと

■今日のフィードバック

先日、こんなことがありました。

僕の日記に書いた一つの言葉「好き嫌いするのはやめることにした」というものから、色々考えてしまったというお話をいただきました。

業界は違う方なのですが、あることに悩んでいたそうです。

自らが表現したいことを表現するために、力のある人のプロデュースを蹴るか、納得いかない仕事だったとしても、その人のプロデュースを受けるか。

だそうです。

ふむふむ。

難しい問題ですよね。

おそらく、新卒の療法士さんたちが5月頃までに直面する問題に近いですね。

ここは一つ、アナタならどうするか考えてみましょう!

しっかり考えてから、続きを読み進めてくださいね♪

■重要なキーワード

どう考えましたか?

ものの見事に両天秤ですからね。

さて、ここで考えたいのは自分のやりたいことと、やらなければならないこと、やったほうがいいこと、の三つでしょうね。

でも、話題になっているのはやりたいことと、やったほうがいいこと、です。

アナタが考えたことにやらなければならないことが含まれていたら、今回はとりあえず置いておいてください。

さて、では改めまして……

アナタのやりたいこととやった方がいいこと、そしてそのどちらかを選択しなければならないとき、アナタはどちらを選択することにしましたか?

ここで全く迷わなかったり、アナタ自身のことに置き換えられなかったとしたら、少し想像力を培う訓練が必要かもしれませんね。

まだイメージがついていないのでしたら、回れ右してもう一度考えてから読み進めてください。

では、想像できたこと前提で進みます。

ここでポイントとなるのは、何を大切にするのか、です。

それがあるかないかで話が変わってきます。

アナタの『やりたいこと』にはどれだけの大切なものが詰まっているのでしょう?

単純にやりたいやりたい云っているだけのことなのですか?

心の底から、それを『やりたい』と云っていることなのでしょうか?

■ノウハウをちょっと

もし、心の底から『やりたい』ということではないというのであれば、おそらく『やったほうがいいこと』をすることができるでしょう。

そして、それでもって、先に進むことができることは間違いないと思います。

ですが、魂の叫びに近いほど『やりたい』と渇望していることとなれば、そこには自然と自分自身の生き様が反映されてくるものです。

『やったほうがいいこと』をする人たちは、今、『やりたいこと』を見つけている段階と考えます。

ですが、既に『やりたいこと』があり、それが自分自身の生き様を示すものとして、曲げられないものとなっているのでしたら、迷うことはありません。

やりたいことを、やりましょうよ。

生き様に他人の意思が入れば、心が痛くなることは確実です。

あえて、チャンスを捨てなければならないこともある。

僕は、そう思います。

ただ、後から後悔だけはしないよう、選択したら『覚悟』は必要です。

ここからは僕の話ですが、僕も『覚悟』しました。

やりたいことを、やります。

一番大切にしたいことを裏切れば、自分自身を裏切ることにもなります。

後悔の種は残しません。

覚悟して、突き進むことにしました。

さぁ、アナタは、どうしますか?

かりたいことを、やりますか?

 

YES  or  NO

 

 

「作業療法塾塾長」齋藤信

 

作業療法塾のテキストが完成しました!
【作業療法学生の虎の巻 臨床実習中の睡眠を一時間増やす方法】

 

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。