幻を追う人、幻に追われる人

恐れは幻

幻を追う人、幻に追われる人、
あなたはどちらだろう?

というのも、
最近になってようやく、
この二つの違いについて分ったきたからだ。

幻を追う人
幻に追われる人

少し分解して考えてみよう。

幻とは?

ここでいう『幻』とは、
一体何を指すと考えただろう?

そう、難しい事ではない。
言葉そのままの意味で考えよう。

『幻とは、ありもしない現実』

ここではそう定義しよう。

 

追う人、追われる人

さて、では次だ。
『追う人』、『追われる人』
これはそれぞれで意味が異なってくる。

まず、二つは能動的か受動的かの違いがある。
そして、ポジティブかネガティブかの違いまである。

僕は、このポジティブとネガティブの部分にフォーカスしている。

特に、『幻』とあわせることで、
その意味は更にハッキリとしてくるだろう。

そう、

『ありもしない現実を追い求める人』
『ありもしない現実ぶ追い回される人』

言い換えてみると、よくわかる。

ありもしない現実を言い換える

だが、もっと分り易く、『ありもしない現実』をそれぞれに言い換えてみよう。

『夢を追い求める人』
『恐怖に追い回される人』

不思議な事に、どちらも自分自身から生み出されるものだ。

どうせなら、
『幻を追う人=夢を追い求める人』
でありたい。

夢をみて、それを実現させる能力を持つのは、
人間だけだ。

全てはイマジネーション?

人の第一言語はイマジネーション。
想像し、具現化する能力を悪い方向へ使えば、
ありもしない現実を自らつくり出し、その事に恐怖する事だって出来る。

実際には起きていないのに、
『こうなったらどうしよう』
そう考えてしまうのは、NGだ。
最終的には、つくり出した恐怖の状況に自らを陥れてしまう。

もう一度言おう。

夢をみて、それを実現させる能力を持つのは、
人間だけだ。

恐怖で幻を具現化できるなら、
夢をみて、幻を具現化だってできるのだ。

改めて、あなたに質問しよう。

『あなたは、どんな幻を追いますか?』


臨床共育メンター(R)齋藤 信

作業療法塾 主宰
IAIR 副会長
臨床共育マネジメント研究所 主宰
BuzanWorld認定 トリプル インストラクター


【塾生登録はこちら】

作業療法塾に入塾することで、
様々な動画コンテンツが視聴できます。
入塾はこちら https://otjyuku.com/


【医療業界の教育をCHANGEする】

患者も、療法士も、医療に関わる全ての人が
自分の医療を選択できる世の中にする。

医療は誰かに与えてもらうものではない。

医療に関わる一人一人が最適な医療を選ぶことができる
世界をともにつくろう。

今。私たちは大きな過渡期を迎えている。

分岐点とも言えるこの時、私が提案する道は、
医療人の心の共育。

共に人としての心を育める学びが医療にはある。

一緒の道を歩みたい方、これからもよろしくお願いいたします。

作業療法塾 主宰 齋藤 信

シェアして記事の復習をしよう!

OT塾メルマガで臨床をCHANGE!

臨床実習のネタ帳

脳と学習メカニズムで臨床教育をCHANGE!
 臨床教育には正解はない。脳の生理学と学習メカニズム、マネジメントの概念を取り入れた臨床実習のアドバイズ法を全て公開中!  臨床教育にこそ作業療法を取り入れ、人と生活に根ざした療法士を育てる第一歩をともに踏み出しましょう!

氏名
姓: 名:
メールアドレス

臨床指導の悩みを一言教えてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA


ABOUTこの記事をかいた人

主宰 齋藤信

作業療法塾塾長、サイトーゼミ主催、IAIRグランドマネジャー! 精神科作業療法士として13年臨床経験を重ねたのち、起業。IAIR×作業療法塾として、若手療法士たちの育成に人生の全てを懸けている。 また、サイトーゼミとして、臨床指導者や管理職向けの講義、コーチングも行っている。