g_hyousi01.jpg
  • 実習50日間の日記形式のフィードバック
  • 毎日1問!ワークアウト!
  • テクニックを図解した見開き1日形式!
  • アナタの書き込みでアナタだけのテキストに!
  • 事前シミュレートで実習対策も万全!

50のフィードバックと問題集を詰め込んだワークブック
その名も「本日も実習日和 逆鱗日記」
フィードバックを元に問題を解く、実習シミュレーションワークブック!



皆様。はじめまして。
いえ、もしかしたら、「こんにちは。また会いましたね」かもしれませんね。

kotomati2.jpg o0480064011387016842.jpg
黒衣の作業療法士こと虎斗町です。

実に、実に三年ぶりの復活です。
やや詐欺のような加工した写真を晒してしまっておりますが、あまり気にしないでください。
それはともかく……
か~な~り、お待たせしてしまいました。

今回は、マニュアルとも○○講座とも違った実践書に仕上げてみました。
半分は毎日書いてきた日記ですが、それ以上に毎回考える質問集になっています。タイトルは問題集ってなってますけどね。

ちなみに、何故こんな本を書いたのか、ですが……

早い話が、実習の疑似体験をしてほしいから、です。
臨床実習前に小実習が出来る学校もあるかと思いますが、なかなかそうもいかない所もありますよね。それに、行けても短期間で、緊張している間に終わってしまう。
何をどう考えて良いのか気付けないまま、ハイ、終了!

これではさすがにどうなんだろう? って感じです。

で、書いてみたわけです。
でも、書いているうちに、疑似体験プラス実際の実習での毎日の振り返りにも使えた方がいいな~とか思いはじめ、まぁ、こんな感じに仕上がってしまったわけです。

この本、出来れば一年生の時から読んでほしいですね。
あ、でも、対象は全学年の学生とバイザー諸氏、学校の教官……まぁ、臨床実習に関わるほぼ全員ですね。

学生さんには、さっき言ったように実習の疑似体験と、実習中の振り返りに。
バイザー諸氏には、いちOTが学生さんにどんなフィードバックをしているかの参考に。
学校の教官には、バイザーをしていると気付く学生さんの拙いところの参考に。

様々な要素を含んだ作業療法塾初の実習対策問題集です!
是非、ご覧くださいませ!

このワークブックは、次の方に最適です。

  • 実習中、かなり凹んでしまった。
  • 今すぐ、習慣を変えなければ、明日もまた怒られる。
  • 考えることばかりで何から手をつけていいかわからない。
  • 実習前に実習をプレ体験してみたい。
  • 初めて学生を受け持つバイザー一年生。
  • 実習前の不安を解消したい。
・・・などなど、実習に色々な思いを持つ方に是非!

立ち読み版の閲覧は簡単です。今すぐご覧ください。

下記のリンクから無料で読むことができます。

読者様の声をお聞きください!

no_photo.gif ■Sさん
とても勉強になりました。
私は、もう学生ではないのですが、現在でも使える本となっていましたので、まだまだ私は勉強しなおさないといけないなと感じました。
(中略)
いつの間にか毎日の業務に追われ、初心を忘れていましたが、この本を読むことで、とても仕事に対してワクワクしました。
もう一度、「OTとは何か」というところから、しっかり頑張りたい…いや、頑張って見せる!という気合いが入りました!
これからの仕事で活用させていただきます!

no_photo.gif ■Kさん
逆鱗日記を読ませていただいたことによって、インターン実習を前に前回の実習を振り返ることができました。
病院によって、バイザーさんによって考え方は異なると思いますが、ある1つの考え方を知ることができたので、考え方の幅が広がったと思います。
別な学生さんのことを書いているのに、私の前回の実習とも重なるような内容があったので、学生全体に言えることが多いのかと思いました。


no_photo.gif ■I・Nさん
今の実習が終了する前に読むことができ、改めて自分が行ってきた言動・自分の考えを振り返ることができました。
まだ二期目の実習もあるので、この本にあったことを反省し今後に活かしていきたいと思います。
ありがとうございました。


no_photo.gif ■K・Gさん
書くことによって自己洞察に繋がるので、印刷して書き込めば、自分のためになると思いました。
また、 OTSとして自分の立ち振る舞いがどうあるべきか、患者さんを想った上で、どのように行動に移すべきなのか、考えさせられる本でした。
読んでいくにあたり、私が評価実習でお世話になったSVのことを思い出したり、やはり書くという作業が、いかに自己洞察や自己分析にかかせないものであるかを再確認させてもらいました。
やはり、ただ流れに身を任せて実習を過ごすのではなく、”なぜ?”という気持ちを忘れずに、相手を思いやった上で、行動に移せる様になりたいと思わされました。
ありがとうございました

感想はまだまだ届いています!

  • 学生が考えなければならないポイントが細かく記載されていて理解しやすい。
  • 病院内だけではなく、どこにいても実習生という自覚を持つことが大切だということを改めて認識した。
  • 5sという定義を知ることができた。
  • 指導者の方は、色々なオーラを出しているので、それに気付き行動に移せるようになりたいと思った。
  • デイリーノートやレポートの意義が書いてあって、わかりやすかった。
  • 学生にありがちな言動が書かれており、自分に当てはまることばかりでドキリとした。
  • 時と場合の優先順位を考えることの大切さを知りました。
  • コンビニ飯の効果が書いてあり、一人暮らしの自分は次から考えてご飯を購入しようと思いました。
  • 探究心の大切さを知りました。
  • プログラム立案の流れが書いてあり、理解しやすかった。
  • 人との関わるときのポイントと注意点が凄く参考になった。
  • 失敗することの考え方、大切さを知ることができた。
  • 情報の整理の仕方は今後使ってみようと思いました。
  • 初心を忘れそうになる頃に初心に返ることができました。

どうですか?
アナタに当てはまることはありましたか?

実習の見えない不安やプレッシャーを解消したい方は是非!